恋活アプリでヤリモクを判断するには?ヤリモクチェックリストで診断しよう

ごきげんよう!ペアーズ・ゼクシィ恋結びで全国1位のエリーです。

恋活アプリで一番出会いたくないものといえば、「ヤリモク」

そこで、恋活アプリに潜むヤリモクを簡単に判断するためにチェックリストを作りました。

「今やり取りしている人は、もしかしてヤリモクかも?」と思ったら、ぜひ以下のチェックリストで確認してみてください。

2017年最新版 ヤリモク診断チェックリスト

各質問に「YES」「NO」でお答えください。(質問は全部で10問あります。)

※回答するにあたっての注意事項

  • じっくり考え込むのではなく、「直感で」1問あたり5秒前後でお答えください。

👇それでは、始めましょう!

 

問1 : 基本情報(仕事や趣味、独身かなど)が、ほぼ空欄だ ※特に、結婚歴や子供の有無の欄が空欄になっている
問2 : 自己紹介文が短文(5行以内)だ
問3 : 自己紹介文で仕事か趣味の話しか書いていない (どんな恋愛をしたいかなどが、書かれていない)
問4 : 所属コミュニティが、5個以内だ
問5 : 所属コミュニティに「LINE交換できます」「すぐ会いたい」などがある
問6 : プロフィール写真に、大人数の友達と写っている写真が多い
問7 : メッセージ交換しはじめて、突然タメ口になる
問8 : メッセージ交換しはじめて5往復以内で「飲みに行こう」と誘われる ※過去やり取りした内容が、「仕事」「居住地」「お酒は飲めるか」「食事は何が好きか」程度だけだ
問9 : メッセージがいつも1〜2文の短文だ
問10 : メッセージ内容に、あなたの趣味や恋愛観など内面への質問がない

なぜヤリモクだと分かるのか?理由を説明しよう

以下では、チェックリストの各項目について解説していきます。

なぜその「チェック項目に該当する=ヤリモク度が高い」となるのかについて、私の体験談もまじえながらご紹介しましょう。

基本情報(仕事や趣味、独身かなど)が、ほぼ空欄だ

特に、結婚歴や子供の有無の欄が空欄になっているのは7〜8割方クロですね。

「基本情報を記入する手間さえ惜しい=本気で恋愛する気がない」ということです。

本気でまじめな恋愛をしたいなら、たかが身長や仕事欄を入力するぐらいのことを手間だとは思いません。

まじめに恋愛する気がないから、手間だと思うのです。

自己紹介文が短文(5行以内)だ

自己紹介文で仕事か趣味の話しか書いていない(どんな恋愛をしたいかなどが、書かれていない)人もヤリモク度は高いですね。

なぜなら、仕事や趣味などの表面的なこと以外を書かないということは、自分の内面に入ってきてほしくないということです。

まじめに恋愛したいなら、内面こそ知ってもらわなければ意味がありません。

つまり、自分の表面だけを見てほしい=表面上の付き合いをしたいということです。

つまり、短期的な付き合いだけでいい、友達やセフレを探しているということですね。

所属コミュニティが、5個以内だ

所属コミュニティが5個以内なのも、基本情報を埋めないのと同様の理由です。

所属コミュニティをいちいち探すのも面倒なのです。

男性は本気で愛せる女性を見つけたい時は、手間を惜しみません。

ですが、とりあえずヤれればいい、都合のいい女を見つけたいのなら、そんなに時間も労力もかけたくないと思うものです。

なので、基本情報は埋めない、所属コミュニティも、ヤレそうな女と繋がれるものだけに入っていればいいと思うんですね。

所属コミュニティに「LINE交換できます」「すぐ会いたい」などがある

所属コミュニティに「LINE」とか「LINE交換できます」「マッチングしたらとりあえずすぐ会いたい」とかがある人は、ヤリモク度高めですね。

男性は基本的にどんな恋活アプリでも有料であることがほとんどです。

例えば30日間の有料会員になった場合、ヤリモクは会員期間中にとにかくたくさんの女性から恋活アプリ以外の連絡手段を確保しようとします。

ヤリモクにとって女性は「人間」ではなく「無料でやらせてくれる風俗嬢」に過ぎません。

なので、より多くの「ヤれそうな女」たちを恋活アプリからLINE上に移行させて確保し、後でゆっくり吟味しようというわけです。

「すぐ会いたい」という人は、もはや連絡する手間さえ惜しいという「今日ヤれる女」を探している可能性が高いですね。

プロフィール写真に、大人数の友達と写っている写真が多い

プロフィール写真に大人数の友達と写っている写真が多い人は、「まわりに尊敬されたい」という意識の強い人が多いです。

なので当然、男性同士内で尊敬される「たくさんの女を抱いた」「いつでも女を抱ける俺」というものにも憧れがあります。

なので、そういった「女にモテまくる理想の自分」を追い求めて都合のいい女をたくさん揃えようとしている可能性は高いです。

メッセージ交換しはじめて、突然タメ口になる

メッセージ交換しているうちに、なぜか突然タメ口になる人っていますよね。もしくは、最初からタメ口の人も。

最初からタメ口の人は、8〜9割方ヤリモクです。

ヤリモクは相手の懐に入ることで「ヤリたい」というお願いを聞いてもらいやすくしようとします。

なので、最初から一気に距離を縮めてくるんですね。

メッセージ交換しはじめて5往復以内で「飲みに行こう」と誘われる

過去やり取りした内容が、「仕事」「居住地」「お酒は飲めるか」「食事は何が好きか」程度だけだと、これも8〜9割方ヤリモクでしょう。

メッセージのやり取りが5往復以内で、相手の一体何が分かるというのでしょうか?

「相手の内面も何も分からないままでもいいから、飲みに行きたい」というのは、ただ女と飲みたいだけ、もしくはあなたの体にしか興味がないということです。

いずれにせよ、ヤリモクの可能性が高いですし、本気で恋愛したいあなたなら会う価値のない男性ですよね。

メッセージがいつも1〜2文の短文だ

メッセージがいつも1〜2文の短文なのは、あなたとのやり取りが面倒だという証拠です。

「やり取りは面倒だけど、ヤりたいから一応つなぎとめている」という感じでしょうか。

あなたを粗末に扱う人を、あなたが大切に扱う必要は全くありません。

あなたのことを本当に気になっている、一緒に人生を歩みたいと思っているなら、そんなつまらない連絡方法にはなりません。

自分の誠意を伝えようと一生懸命になるはずです。

今すぐブロックしましょう。

メッセージ内容に、あなたの趣味や恋愛観など内面への質問がない

メッセージ内容に、あなたの内面に関する質問がないのは「あなたの表面」にしか興味がないということです。

つまり、顔や体にしか興味がないということですね。

また、彼にとってはどうせ体だけの関係なんですから、趣味や恋愛観など内面を聞く必要がないのです。時間のムダだということです。

ヤリモクと話すのは時間のムダ。怪しいと思ったら即通報!

チェックリストを見てみて「もしかしたら彼はヤリモクかも…」と疑問を感じたら、やり取りするのはやめたほうがいいです。

ヤリモクとやり取りしても、何もメリットはありません。

あなたは相手に搾取されるばかりですし、無料風俗嬢もしくは体温のあるオナホくらいにしか思われていません。

もしかしたら、Twitterなどであなたの裸や下着が「今日の成果w」とさらされるかもしれません。

今少しでも彼に不安を感じるなら、リスクは取るべきではありません。

「せっかく連絡をくれたから」なんて思わなくて大丈夫です。

なぜなら、独身男性は日本に300万人も、世界には37億5000万人もいるんですから。

あなたを本気でまじめに愛してくれる男性は、この37.5億人の中に必ずいます。

だから、決して自分を安売りしないでください。

では、ヤリモクではないまじめな人との出会いはどこにあるんでしょうか?

私は年間30種類以上の恋活アプリを実際に使って、ヤリモクの多寡を体験してみました。その結果、ヤリモクが少なかった恋活アプリTOP3を以下でご紹介します。

「ヤリモクにばかり言い寄られてしまう」「出会いがほしいのにヤリモクばかりでうんざりしている」というあなたは、ぜひ参考にしてください。

第1位:with(ウィズ)

サクラ・業者が少ない 会員数 会員の質が高い 人気度
ほぼゼロ 約25万人 結婚願望の強い20代が多い

恋活アプリを選ぶなら、総合力1位の「with(ウィズ)」

第1位は、メンタリストDaiGoが監修する恋活アプリ「with(ウィズ)」です。

with(ウィズ)の強みは、会員同士のマッチングイベントが多く、出会いのきっかけを作りやすいことです。また、ヤリモクが少ないことでも有名ですね。

メンタリストDaiGo監修の性格診断テストや、2週間に1回のペースで追加される心理テストの結果をもとに、無料で多くの会員とマッチングできるんです。

普通は、女性から「いいね」を送る場合、ポイントを購入するなど課金しなくてはいけません

会員の7割は20代ですが、結婚願望の強い会員がほとんどです。

「同年代とまじめに恋愛したい!」という20代男女には、オススメです。

with(ウィズ)は、結婚願望の強いまじめな人と出会えるのに、全然お金がかからないという超優秀な恋活アプリなんです。

2017年、最も優秀な恋活アプリを選ぶなら「with(ウィズ)」で決まりです。

 

第2位:Pairs(ペアーズ)

サクラ・業者が少ない 会員数 会員の質が高い 人気度
ほぼゼロ 570万人 まじめに恋愛をしたい会員が多い

圧倒的な会員数の多さ、人気抜群の恋活アプリなら「ペアーズ(Pairs)」

第2位は、日本最大級の恋活アプリ「ペアーズ(Pairs)」。

ペアーズ(Pairs)の強みは、会員数が多い上、恋愛に積極的な男女が多いので、8〜90%の確率で会えることですね。

また、24時間365日運営が人の目で監視しているので、業者やサクラがいないのもオススメポイントです。

会員数が少ないアプリ・サイトだと「もう次がない」と焦ってしまいがちですが、ペアーズ(Pairs)ではその心配がありません。

なので、恋愛に奥手な方でも、安心して恋活できるところも魅力的ですね。

会員数は日本最大級、会員はまじめな方ばかり‥ペアーズ(Pairs)は恋活アプリの王道といっても過言ではないです。

恋活するなら、まずペアーズ(Pairs)をチェックしてみましょう。

 

第3位:ゼクシィ恋結び

サクラ・業者が少ない 会員数 会員の質が高い 人気度
 やや見分けにくい 約26万人 公務員(消防士・市役所職員など)が多い

結婚を前提にマジメな恋活をしたいなら、「ゼクシィ恋結び」

第3位は、あの有名結婚情報誌ゼクシィが運営する恋活アプリ「ゼクシィ恋結び」です。

ゼクシィ恋結びは、有名結婚情報誌「ゼクシィ」が運営しているので、安心・安全な点が強みです。

女性は本人確認手数料で108円の料金がかかりますが、本気度の高さを男性にアピールできます。

会員の7割が20代なので、同年代と恋愛したい男女にはオススメです。

お値段的にも手軽に始められる上、婚活目的の方も多いので、はじめて婚活する方にも魅力的ですね。

 

ヤリモクの少ない恋活アプリなら、with(ウィズ)

恋活アプリを選ぶなら、総合力1位の「with(ウィズ)」

ヤリモクが少ない恋活アプリを選ぶなら、やっぱりメンタリストDaiGoが監修する恋活アプリ「with(ウィズ)」ですね。

「同年代とまじめに恋愛したい!結婚も考えられるお付き合いがしたい!」という20〜30代男女には、一番オススメですよ。

2017年、最も優秀な恋活アプリを選ぶなら「with(ウィズ)」で決まりです。