どうしても譲れない!フェチは恋活・婚活で大事にすべきという話

ごきげんよう!元気に恋活中、エリーです。

最近結婚前提で新たにお付き合いしはじめたのですが、同時になあなあで付き合ってた人とお別れしました。

そこでお話ししたいのが「フェチは大事にしよう」ということです。

フェチを軽視すべからず

私は身長フェチです。

175cm以上の男性にしかムラッとしません。その他はどれだけブスであろうとハゲであろうとデブであろうと外見は気になりません。とにかく身長が大事!身長is正義です。

とはいえ、恋活や婚活で経歴が自分と近い人の方が話が合いそうだとか年収も自分と近い人がいい(金銭感覚が合いやすいから)とか欲張って考え始めると、フェチのことなんか構っていられなくなります。フェチなんて瑣末な問題で、経歴や年収などを優先すべきって思いますよね。

ですが!低身長だけど経歴や年収も釣り合う人と、高身長で経歴や年収はあまり釣り合わない人、どちらかを選ばなければならなくなった時、低身長の人と付き合っている時自分は絶対彼に触れられたくなかったし、気持ち悪いとずっと思っていたことを思い出したんです。

ひどい話だと思いますが、それがフェチというものです。譲れないこだわりなのです。

自分にとっては低身長の男性というのは絶対ムラッとしない対象であって、相手からハグやキスを求められるとものすごく気持ち悪かったです。無理してパートナーでいると心のHPがゴリゴリ削られていくんですね…。

逆に高身長の人と一緒の時は、低身長の人がしたことで許さなかったことも許せたりしました。しみじみと、フェチの力はすごいなと思ったり。

 

みんなの主張に惑わされるな

客観的に見れば低身長であることにだけ目をつぶって付き合った方が良いのかもしれません。けれど私は耐えられなかった。はっきり言って、高身長の人と付き合い始めてからは毎日薔薇色です。

「みんながこんな風に恋人は選べというからそうすべき」と思わない方がいい、と私は今回の経験で学びました。私は低身長の人と付き合う時、「この人に育てられたかった」と思うような人を恋人にすべき、という雑誌か何かで見た言葉を基準に付き合うことを了承したのですが、結局は何かの折に彼に触れられるかもと思うと気持ち悪さが半端なくて破局してしまいました。

恋をするのは結局自分です。自分のテンションが上がらない恋愛をしても不幸になるだけです。みんなは好き勝手言うけれど、結局あなたの人生の責任は取ってくれません。それならば自分の人生なのだから好きにやったもん勝ちです。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?今回は「フェチを大事にすべき」ということついてお話ししました。少しでもあなたの参考になれば嬉しいです💪🔥

恋活・婚活アプリはアプリごとに年齢や恋愛への本気度など会員の傾向に大きな違いがあるので、単純に1つのアプリで頑張って探せばOK、というわけではありません。

あなたが今のアプリで「嫌な会員としかマッチングしない」「タイプの人と会えない」と思っているなら、それはそのアプリがあなたに合っていない可能性が高いです。

自分に合っていないアプリで活動し続けても、時間と精神を浪費するだけです。なので、「合っていない」と少しでも感じたらすぐに ①アプリを変えてみる もしくは ②アプリを併用してみる ことをおすすめします。

とはいえ、どのアプリにどんな会員が多いとか、どんな特性があるのかなんて分からないですよね。

実際に私が使ってみて、自分の好みの人と出会える!よかった!と感じたアプリを以下にまとめたので、よかったら見ていってくださいね。

【最新版】ヤリモクなし!まじめに出会える恋活アプリランキング

2017.06.06

【男性必見】最新版!出会える、業者サクラのいない恋活アプリランキング

2017.06.06

恋活・婚活は必ずやらなくてはいけないものではありません。

でも、あなたにもっと合う人がいるはずなのに、その存在を知らずに大きく妥協してしまったり、それによって後々苦しむことになってしまったら、私はとても悲しいです。

私は恋活・婚活アプリでモテることを趣味にしてきたので、いろんなアプリの特性(会員数や男女の割合、会員の本気度や雰囲気)を知っています。

あなたが恋活・婚活で悲しい結果に終わらないように、私の経験してきたことが何か一つでも役に立てることができたら、とても嬉しいです。

あなたのこれからの人生が、恋活・婚活を通して少しでもより楽しく素敵なものになりますように。私がそのお手伝いを、少しでもすることができますように。

ぜひ私の集積した恋活・婚活知識を活用してやってください。