伴侶・恋人が生理的にムリ!それでも付き合い続ける秘訣は?

ごきげんよう!元気に恋活中のエリーです。

最近友人から相談されて興味深かったのが、「性格で選んだ恋人とキスできない、それ以上なんて絶対無理。外見が生理的に無理」という話。

私もかつて同じ悩みを抱えていたので、その苦悩を乗り越える秘訣をご紹介しちゃいます。

①今後その人とどんな関係を築きたいか、自分と話し合う

どちらか一方が生理的に無理だと思った場合、多くのカップルは破局します。まあ生理的に無理=理由なく相手が気持ち悪いと思う なので、当然と言えば当然ですね…。

ただ、結婚適齢期だし彼もしくは彼女以上のスペックの人と出会える気もしないし、妥協するか〜と恋人関係を続けている、または既に結婚していて子供を産んだりしたことで相手への性欲がなくなり気持ち悪く感じるようになった、という方も多いと思います。

とはいえ、相手が生理的に気持ち悪くても恋人・夫婦関係を続けたいと思うなら、これから自分や相手がどう生きていきたいのか、広い視点で考えてみることをおすすめします。

子供のために別れられないなら相手を完全にATMとして見ることを徹底するとか、相手は自分が結婚という安定を得るための相手に過ぎないんだと割り切るとか。

「恋人と、伴侶と仲良くあるべき」と思うからしんどいのです。単純に自分が相手に何を求め、どう生きたいのかを考えて、それだけを指標に生きてみるのもアリです。

 

②もし相手の一部分が苦手なら変えてほしいとお願いする

例えば相手を生理的に受け付けない理由が「歯が汚い」「太ってる」「ハゲてる」「怒りっぽい」「いちいち馬鹿にしてくる」「高圧的な物言い」などだとします。

そういう部分が解消されれば好きになれるのにな、と思うなら、一度でいいので改善を提案してみるのも良いかもしれません。

あなたに触れたくない理由はこれです、と提示することで相手が変わってくれる可能性もあります。ない可能性もありますが。

相手が変わらないようであれば、それはそれで、上に書いたように相手に何も期待しない生き方を模索していきましょう。

 

③ボディタッチが苦手だとはっきり宣言

生理的に苦手だと思っているのに、相手の方はそれを理解せずあなたに積極的に触ってくるようなら気持ち悪いですよね。

やんわりと断っても夜のお誘いをしてきたり、体に触れたりされたら吐き気がすると思います。

なので、あれこれ理由をつけて触れられるのが嫌なのだとはっきり言ってしまうと楽になりますよ。精神的な病気やストレスを理由にするのも効果的でいいと思います。

 

まとめ

生理的に苦手な人とは一緒に過ごすだけで苦痛ですが、性的な意図を持って触られるたり話しかけられたりするのは気持ち悪くて我慢できないですよね。

夫婦や恋人にはいろんな形があると思うし、誰もがいろんな考えを持っていていいと思います。伴侶のことが生理的に気持ち悪くて仕方ないとか、恋人に一切触れてほしくないひともいるでしょう。

そんな自分を「伴侶、恋人として失格なのでは」と決して不安になったり卑下したりしてはいけません。ぜひ前向きに、どうしたら自分の理想の人生に近づけるのか考えてみましょう。

それで生理的に無理な相手と諍いになっても、あなたが幸せを掴むために必要な犠牲だと思ってみてください。

嫌いな人間と共にいなくてはいけないのは苦痛ですが、あなたの人生と恋が少しでもしんどさの少ないものになりますように。