しゃらくせえ〜!意識高い系恋活・婚活男が嫌われる理由3選

ごきげんよう!元気に恋活中、エリーです。

今回は、恋活・婚活にはよく登場する「意識高い系恋活・婚活男」が嫌われる理由3選をご紹介します。

一般的には恋活・婚活市場では勝ち組なはずの「高学歴・高収入で仕事大好きな男性」ほど陥りやすいこの罠。自分が当てはまっていないかチェックしてみてください。

①恋愛と仕事を同一視し、恋人に「成長」を求める

意識高い系男性はよくプロフィール文に「互いに尊敬できる女性がいい」「お互いを尊重し合って高め合える女性がいい」などと書いていることが多いです。

仕事上で成長を求めることは個人の自由なので一向に構いませんが、それを恋愛に持ち込んではいけません。

特に相手にまで「成長しろ」と押し付けるのは傲慢もはなはだしいです。人は人、自分は自分です。いくら恋人だからといって、あなたが相手の人生に口出しをする権利は全くありません。

「俺はこんなに仕事もプライベートも頑張っているのにお前は全く成長しない」と交際中に怒る男性もいるそうですが、そんなに成長するのが好きなら自己啓発本や会社と結婚すれば良いのでは?と思います。

恋人に執拗に「成長」を求めてはいけません。恋人はあくまで永遠に「他人」なのです。

 

②恋人のあらゆる言動に「効率化」を求める

実は私の父がこの「効率厨」で、子供の前でも母を「もっとこうすれば効率的にできるのにお前はなぜやらないんだ」とよく怒鳴りつけていました。

たしかに恋人を見ていて「これをこう工夫したらもっと効率的にできるのに」という場面はあるでしょう。しかし、その人がそのやり方を気に入っていてあえてやっているのかもしれませんよね。

いちいち恋人の言動にめくじらを立てて「効率的にしろ!」と怒るのは、相手が自分の支配下にあるという前提があなたの中にあるからです。部下に仕事で効率的な働きを期待するように、あなたは恋人にも同じことを期待している。しかし恋人は部下でありません。

恋人はあくまであなたの人生のパートナーであって、あなたの人生を効率的にするための歯車ではありません。

恋人の言動にいちいち口を出すのはやめましょう。これは上でも言いましたが、恋人はどれだけ親しくなろうとあくまで「他人」です。他人には他人の人生があり、経験があり、価値観があります。他人を自分の思い通りに動かそうと思うこと自体、傲慢で愚かな考えです。

 

③恋人を人間ではなく「自分の成長のための栄養分」としか考えていない

意識高い系の男性は恋人を求める際、無意識に「この人といれば自分は成長できるか?自分の生活が効率化できるか?」を考えている方が多いです。

恋人をひとりの人間として見ているならば、そんな風に相手をただの養分のようには考えません。この人といたらほっと安心できるか、幸せだと感じられるか、そういった人間として根底の価値観こそが恋愛には重要視なのです。

目先の利益…つまり「成長」や「効率」に囚われ、恋愛の本質を見失いがちなのが「意識高い系男性」の特徴です。

恋人を選ぶ時は自分が相手の人間性を見ようと努めているか、何度も再確認しながら活動することをおすすめします。でなければ、恋活でも婚活でも大失敗しますよ。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?今回ご紹介した「意識高い系恋活・婚活男が嫌われる理由3選」、少しでもあなたの参考になれば嬉しいです💪🔥

恋活・婚活アプリはアプリごとに年齢や恋愛への本気度など会員の傾向に大きな違いがあるので、単純に1つのアプリで頑張って探せばOK、というわけではありません。

あなたが今のアプリで「嫌な会員としかマッチングしない」「タイプの人と会えない」と思っているなら、それはそのアプリがあなたに合っていない可能性が高いです。

自分に合っていないアプリで活動し続けても、時間と精神を浪費するだけです。なので、「合っていない」と少しでも感じたらすぐに ①アプリを変えてみる もしくは ②アプリを併用してみる ことをおすすめします。

とはいえ、どのアプリにどんな会員が多いとか、どんな特性があるのかなんて分からないですよね。

実際に私が使ってみて、自分の好みの人と出会える!よかった!と感じたアプリを以下にまとめたので、よかったら見ていってくださいね。

【最新版】ヤリモクなし!まじめに出会える恋活アプリランキング

2017.06.06

【男性必見】最新版!出会える、業者サクラのいない恋活アプリランキング

2017.06.06

恋活・婚活は必ずやらなくてはいけないものではありません。

でも、あなたにもっと合う人がいるはずなのに、その存在を知らずに大きく妥協してしまったり、それによって後々苦しむことになってしまったら、私はとても悲しいです。

私は恋活・婚活アプリでモテることを趣味にしてきたので、いろんなアプリの特性(会員数や男女の割合、会員の本気度や雰囲気)を知っています。

あなたが恋活・婚活で悲しい結果に終わらないように、私の経験してきたことが何か一つでも役に立てることができたら、とても嬉しいです。

あなたのこれからの人生が、恋活・婚活を通して少しでもより楽しく素敵なものになりますように。私がそのお手伝いを、少しでもすることができますように。

ぜひ私の集積した恋活・婚活知識を活用してやってください。