同時に複数人と仲良くなれないあなたへ。恋活マルチタスクを上達させる方法

ごきげんよう!元気に恋活中のエリーです。

恋活中は同時に複数人とやりとりするのが普通ですが、「何人もと一度にやり取りするのが苦手」という方はいらっしゃるでしょう。

そんなあなたのために、恋活マルチタスクを上達させる方法をご紹介します。

①恋活全体への熱量を意識的に抑えよう

恋活にかかりっきりになるとどうしても会員ごとにのめり込む時間的・精神的余裕を自分に与えてしまいます。恋活と同じくらいの熱量ではまれるものがあると良いです。

また、恋活にかかりっきりになると頭が恋愛にどっぷり浸かってしまうモードになってしまい、理性的な判断ができなくなる場合が多いです。

自分の心と時間を管理して理性的に恋活をするためにも、複数人とやり取りする前提として恋活自体への熱量は意識的に下げておきましょう。

 

②各人の長所・短所を常に強く意識しよう

複数人とやり取りする時に問題なのは、相手によって好意の高さが違うため、やり取りの際に自分の「この人と仲良くなりたい」というモチベーションを一人一人別に操作するエネルギーを必要とするところです。

モチベーションのコントロールはエネルギーを使うので、これのせいでつい「恋活めんどくさい!」「複数人とやり取りするのだるい!」と思いがち。

なので、やり取りする相手を厳選していくために、各人の長所と短所を明確にしておき、少しでも「この人嫌だな」と思ったら関係を切れるように準備をしておきましょう。

 

③各人への親密度をなるべく均等にしよう

例えばAさんとの親密度は「お互いの家を行き来するくらい」なのに、Bさんとの親密度は「挨拶しただけ」くらいだと、Aさんに専念してBさんを切るべきではないか?でもAさんに問題があった時のために保険でBさんを残しておくべきか?と悩むことになります。

なので、やり取りしている人の親密度はなるべく均一にしておく方が、会員によってテンションや気の遣い方を操作しなくていいので疲れずに済みます。

ある程度仲良くなったら、その会員は恋人候補としてLINE行きにする、もしくは脈なしとしてブロックすると決めておいて、恋活アプリ上でやり取りする会員は常に均一な親密度に保っておくと、だいたいどの会員とも同じテンションで話せるので楽ですよ。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?今回ご紹介した「恋活マルチタスクを上達させる方法」、少しでもあなたの参考になれば嬉しいです💪🔥

恋活・婚活アプリはアプリごとに年齢や恋愛への本気度など会員の傾向に大きな違いがあるので、単純に1つのアプリで頑張って探せばOK、というわけではありません。

あなたが今のアプリで「嫌な会員としかマッチングしない」「タイプの人と会えない」と思っているなら、それはそのアプリがあなたに合っていない可能性が高いです。

自分に合っていないアプリで活動し続けても、時間と精神を浪費するだけです。なので、「合っていない」と少しでも感じたらすぐに ①アプリを変えてみる もしくは ②アプリを併用してみる ことをおすすめします。

とはいえ、どのアプリにどんな会員が多いとか、どんな特性があるのかなんて分からないですよね。

実際に私が使ってみて、自分の好みの人と出会える!よかった!と感じたアプリを以下にまとめたので、よかったら見ていってくださいね。

【最新版】ヤリモクなし!まじめに出会える恋活アプリランキング

2017.06.06

【男性必見】最新版!出会える、業者サクラのいない恋活アプリランキング

2017.06.06

恋活・婚活は必ずやらなくてはいけないものではありません。

でも、あなたにもっと合う人がいるはずなのに、その存在を知らずに大きく妥協してしまったり、それによって後々苦しむことになってしまったら、私はとても悲しいです。

私は恋活・婚活アプリでモテることを趣味にしてきたので、いろんなアプリの特性(会員数や男女の割合、会員の本気度や雰囲気)を知っています。

あなたが恋活・婚活で悲しい結果に終わらないように、私の経験してきたことが何か一つでも役に立てることができたら、とても嬉しいです。

あなたのこれからの人生が、恋活・婚活を通して少しでもより楽しく素敵なものになりますように。私がそのお手伝いを、少しでもすることができますように。

ぜひ私の集積した恋活・婚活知識を活用してやってください。