【2022年最新版】恋活アプリでモテるプロフの特徴10選

ごきげんよう!元気に恋活中、エリーです。

恋活アプリでモテる方法は年々変わってきていますが、今回は「2022年版 恋活アプリでモテるプロフの特徴10選」をご紹介したいと思います。

全項目を満たせば、あなたも爆モテ間違いなし!!😚💕

①プロフ写真の1枚目が盛れている(自撮り以外だとなお良し)

プロフ写真の1枚目は、恋活プロフの中で一番大事です。

なぜなら、異性があなたのプロフを見た時に一番最初に見るのがそこだから。

プロフ写真の1枚目は、顔がはっきり見えるもので、盛れているものを選びましょう。自撮りでも構いませんが、できれば他撮りの方が自然で◎です。

加工アプリで顔をいじってもいいけれど、実際会った時にガッカリされない程度にしておきましょう。極度に顔を痩せさせたり、目を大きくしたりするのは逆効果です。

複数人と一緒に撮っている写真ならば、自分の部分だけ切り取りましょう。他人の顔にモザイクをかければいいと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、あなたの顔以外の情報は不要です。与えられる情報が多いと人間はそれをノイズだと感じるので、あなたの顔以外の情報はばっさり切り取って消してしまった方が良いでしょう。

また、服装は肌の露出が多くなく、顔うつりの良いものをおすすめします。露出が多いとパパ活や遊び目的、もしくは過度なナルシストだと思われるからです。

表情は真顔がどれだけ盛れたとしても、笑顔のものを選んだ方がいいです。愛嬌は何にも勝るチャームポイントなので!

 

②無意味な写真(同じ角度の自撮り、ブランド車や外食)を登録していない

自分の顔以外に登録する写真は、異性との話のきっかけになるものを選びましょう。

例えば旅行先の雄大な自然の中にいる自分の写真だとか、愛犬と自分の写真だとか。

自分をより良く、より強く、より大きく見せるような写真(ブランド車や外食)は、逆にチンケなイメージを与えるのでやめた方がいいです。

また、いくら盛れているからといって何枚も似たような自撮り写真をアップするのはやめましょう。盛れた写真は1枚見れば十分です。

 

③意味不明なつぶやきをしていない

恋活アプリにはよく「つぶやき」機能がありますが、一時期、恋活アプリでモテようとする男性たちの間で「意味不明なつぶやきをすることで女性の興味を引く」という手法が集団的に行われたことがありました。しかしこれは逆効果です。

意味不明なことをつぶやいている人は単純に「変な人」としか思われないし、わざわざプロフの内容を見ようとも思いません。

つぶやきは、①プロフ文章と被らない、②マイナスイメージを与えない、③仕事以外の内容 をおすすめします。

プロフ文章と被った内容だと、「プロフ読めば分かることじゃん」とがっかりされるし、マイナスイメージを与えるようなつぶやきだとそもそもプロフを見てもらえないし、つぶやきが仕事に関する内容だと恋より仕事を選びそうな人だと敬遠されるからです。

できれば、①趣味に関すること、②絵文字などを使って楽しい印象を与えること をつぶやきましょう。

 

④プロフ文章が、1スクロール以内の適度な長さ

プロフ文章は1スクロール以内に収めましょう。

2〜3スクロールしなければならないような過度に長い文章は、異性にめんどくさい印象を植え付けるので敬遠されます。

逆に1〜5行程度の過度に短い文章は、恋愛への本気度が低いと思われて遊び目的の人からしか声がかかりません。

 

⑤プロフ文章で仕事・趣味・恋愛についてそれぞれ適切な長さで書いている

プロフ文章では、仕事・趣味・恋愛の3点について書く必要がありますが、それぞれ適切な長さで書けているかチェックしましょう。

どれが長くても少なくてもいけません。それぞれ同じくらいの熱量・文量になっているでしょうか?

趣味に関する文章は多少長くても構いませんが、自分だけが楽しい文章にならないようにしましょう。中学生が読んでも分かるような簡潔な文章にしてください。

仕事に関する文章も同じです。あまりに長すぎると「この人は仕事のことしか話さなさそう」と敬遠されるので、適度な長さに。

恋愛については人それぞれいろんなタブーがあると思いますが、やめてほしいこと、嫌いなこと(マイナスイメージなこと)よりも、好きなこと、してほしいこと(プラスイメージなこと)を語りましょう。マイナスイメージなことを語っていると、語り手自身もマイナスな印象になってしまいます。

 

⑥「○歳以上NG」「タバコを吸う人NG」など、なんらかの制限をしていない

「○歳以上はNG」「タバコを吸う人NG」など、「こういう人は苦手」というポイントは人それぞれあると思います。

ただ、本当にそれがあると絶対にダメなのかはしっかり考えた方が良いです。

その点以外は完璧なら許せるのかどうか、自分に何度も問いかけてから書くようにしましょう。

 

⑦「〜は嫌い」「でないとダメ」など、強い否定語を使っていない

強い否定語が使われた文章は、その対象がその人でなくてもあまり良い印象を残しません。

例えば「浮気をする人は嫌いです」と書いたとして、浮気をする人がギクリとするのは良いのですが、浮気をしない人も「嫌いです」という強い言葉を聞くと「この人は気が強そうだな、怖そうだな」というマイナスな印象を持ってしまうのです。

自分がはっきりものを言える人物なのだと印象づけたい場合には強い言葉を使うのも良いかもしれませんが、万人受けはしません。

 

⑧バツイチ、子持ちなどの交際における重要な情報を隠していない

時々バツイチであったり子持ちであったりと、交際で重要と思われる情報をプロフでは隠していて、仲良くなってから後出しにする人がいます。これは完全に逆効果です。

いくらバツイチ、子持ち、などの情報が恋活に不利だったとしても、はじめにその情報を言われていなかった、嘘をつかれていたというマイナスなイメージ、不信感はその後ずっつきまといます。

交際において重要と思われる情報は、プラスイメージでもマイナスイメージでも必ずプロフに書いておきましょう。

 

⑨タグやコミュニティにたくさん入っている

タグやコミュニティにたくさん入っていると、そこを経由して多くの会員がプロフを見にきてくれます。

なるべく多くのタグやプロフに入っておくと、出会いの機会が増えていいですね。

 

⑩文章に適度に絵文字を入れている

あまりたくさん絵文字を使うといわゆる「おじさん構文」になってしまいますが、適度に絵文字を入れると文章全体の印象がやわらかくなるのでおすすめです

目安としては2〜3行に1個程度が理想でしょうか。

いくつも絵文字を重ねるのは装飾過多になるので、できればやめておいた方が良いです。

 

まとめ

「2022年版 恋活アプリでモテるプロフの特徴10選」、いかがだったでしょうか?

ペアーズやゼクシィ恋結びで何度か女性会員全国No. 1いいね数をもらったエリーが分析した結果なので、上述の内容をきっちり守ってプロフを作れば、必ず恋活アプリでもらえるいいね数は増えるはずです。

自分のプロフのどこが悪いか分からない…という方は、以下の記事も参考にしてみてくださいね👇

まだやってるの?ダサいプロフ写真の特徴3点