年収は書くべき?恋活女性の年収事情

ごきげんよう!元気に恋活中、エリーです。

今日は恋活女性の年収事情についてお話ししたいと思います。

年収は書くべきか?書かざるべきか?その理由は?具体的に実体験も交えながらご説明していきましょう。

年収が高い女性にはヒモ希望の若者が集まりがち

年収500万円を境に、段々とお金目的の若い男性からのいいねが増えはじめます。

私は前職が割と年収高くて、二十代前半で年収500万を越えました。その時はクソ真面目に年収を書いていたんですが、一体私のどこに惹かれていいねをしたのかと問いただしたくなるような謎の経歴の若者(10代後半)たちからいいねが来てましたね…。年収300〜400万円とかの時はそんなに来なかったんですが。

当時は親ぐらいの年上の男性からのいいねも多かったけれど、「養ってください」的なメッセージもよく来てました。ちなみに、中にはガチでママ活している男性も混じっていると思います。

そうやってたかられることも多い年収500万以上の高年収女性ですが、同じく高年収の男性からのアプローチももちろん多いです。

「同じレベル感で話せるバリキャリの女性と付き合いたい」というハイクラスな男性は多いので、相手の男性は自分と同じかそれ以上の年収がいいわ、方はきちんと自分の年収を書いておくことで、自分のキャリアの高さ、稼ぐ力をアピールできて良いと思います。

 

年収が低い女性は色眼鏡で見られがち

年収が低い女性は、素直に収入を書くと「専業主婦目的なんじゃないか」と色眼鏡で見られて非難の対象になりがちです。

私の友人は一時期会社が突然倒産したため職を失い、暇なので恋活アプリを始めてみたところ、年収が低いというだけで「男に養ってもらおうとか思ってんだろ」と初対面の男性(※会ってもおらず、チャットの第一声がそれだったらしい)から罵倒されたと言っていました。他の、さほど年収の高くない友人たちも似たような経験をしたと言っていたので、あるあるなのかもしれません。

それに、年収が高く支配欲の強い男性が、女性を意のままにしたいという理由であえて年収の低い女性を選び、「お前は俺ほど稼げてないだろ」とあらゆる場面でマウンティングして女性を支配下に置こうとする…つまり年収の高いDV気質の男性の餌食になる可能性も高いです。

そういうわけで、年収が低い女性はどちらかというと年収が高い女性に比べて、年収をオープンにした場合に自己防衛をしっかり行わなくてはならなくなるので、あえて書く必要はないのかなと思います。

 

結局、男は年収より顔!

とまあ、年収と恋活の関係についてつらつりと話してきましたが、結局のところ、男性の9割以上は女性の顔しか見ていません!その次に見てるのは体(体型)ですね。つまり、男性はほぼ外見しか見ていません。

なので、年収欄に年収額を書くかどうかはあまり重要ではありません。

それよりもプロフィール写真の顔写真をより盛れるように頑張った方が、素敵な男性とのマッチング率は上がります。

結局顔かよ!と言われてしまうかもしれませんが、10年以上恋活アプリを使ってきた私自身、年収を書いたり書かなかったりしても顔写真さえ盛れていれば爆モテしてきたので、事実そうなのです。

年収問題についてはあまり悩まず、自分の書きたいように書けば良いのではないかな〜と思います。